プロペシアを初めとする育毛剤について

現在では男性型脱毛症の治療薬や育毛剤が数多く販売されています。最も世間の話題となったのはプロペシアです。
プロペシアは有効成分フィナステリドがDHTの生成を抑制し、男性型脱毛症を改善できる治療薬です。
プロペシアは即効性は無いため、最低でも半年程度は継続して使用を続ける必要があります。
継続使用していくと当然ながら費用もそれなりにかかりますが、通信販売を利用することで解決できます。
通信販売では日本よりも価格が安い海外版のプロペシアを入手できるので、医療機関で普通に購入するよりも安くなります。

プロペシアの使用に向いている人というのは、ある程度の症状が出始めている人です。
例えば「抜け毛の量が増えた」「髪に元気が無い」「細くて短い毛が増えた」「髪の密度が減った」などです。
抜け毛の量が増えたり髪の密度が減るのはヘアサイクルに関係しています。

ヘアサイクルの中で休止期の毛が増えているので、一刻も早く治療薬や育毛剤を使って抜け毛をストップしなければなりません。
プロペシアの有効成分であるフィナステリドは前立腺肥大症の治療に用いられることで有名ですが、男性型脱毛症にも有効であることが証明されています。
フィナステリドは内服薬と外服薬があり、内服薬の場合は血液に乗って毛根まで届いて効果を発揮します。

外服薬の場合も頭皮から毛根へと浸透することで内服薬と同じ効果を発揮できます。
フィナステリドは半年以上の継続使用が原則ですが、服用を中止すると脱毛が再び進行してしまいます。
従って効果を実感できたとしても、そのまま使用を継続していきましょう。

プロペシアには安価に入手できるジェネリック医薬薬もあります。代表的なものはフィンペシアと呼ばれる治療薬です。
これはインドのメーカーが製造しているもので、価格が安いのにプロペシアと同等の効果があります。
フィンペシアを使用している人は個人輸入によって入手していることがほとんどです。

ジェネリック医薬品が安価に購入できる理由

ジェネリック医薬品が安い理由としては、新薬よりも開発期間が短くコストが抑えられるからです。
医薬品というのは開発したメーカーが20年から25年間は独占的に開発と製造ができる特許があります。
その特許が切れた後は別の会社が同じ成分を使って製造ができるようになります。そのような過程で販売されているのがジェネリック医薬品です。

既存の新薬は既に有効性や安全性が確認されているので、ジェネリック医薬品の開発期間は3年から5年程度で済みます。
当然ながら開発にかかる費用も大幅に抑えることができるので価格も安くできます。
ジェネリック医薬品の効果は新薬と同じですが、多少の違いというものはあります。それは色や形状や添加物などです。

それらの違いも効果や安全性に影響しない範囲内と定められています。そして多くの厳しい検査をクリアしなければ販売できない仕組みになっています。
もちろん新薬と同じように医薬品であるため、副作用のリスクはあります。
副作用は必ず出るわけではありませんが、もし副作用が出てしまっても「医薬品副作用被害救済制度」が存在しています。
副作用に関してはかかりつけの医師や薬剤師に相談しましょう。

ジェネリック医薬品は多くの人の声を集めて開発されていますので、様々な工夫が施されています。
飲みやすいように錠剤を小さくしたり、コーティングなどで苦みを少なくしたりといったことです。
ちなみに日本ではジェネリック医薬品の普及率は7割弱ですが、海外ではジェネリック医薬品が既に主流となっています。
医療先進国では9割以上がジェネリック医薬品という国もあります。日本でも医療費を抑えるために早い時期に8割以上の普及を目指しています。