女性の脱毛症の治療法方

考えている女性

女性の脱毛症の中でも広い範囲に均等に病変が起こり、全体の毛が抜けて薄くなる、びまん性脱毛症は、老化やストレス、極端なダイエットが原因で発症します。
男性型脱毛症と同じように休止期の毛の割合が多くなるため、抜け毛が増えていきます。

治療法としては、育毛剤や生活習慣の改善が有効です。
育毛剤では、血管拡張剤や栄養剤などのホルモン剤以外の薬剤が使われることが多いです。
男性型脱毛症で使用される育毛剤では、女性に使うことができないタイプもあるため、女性用とされている育毛剤を使うようにします。

女性の身体は、デリケートにできているため、不安や悩み、ちょっとしたイラつきでもホルモンバランスが乱れます。
ホルモンバランスが乱れることで、一時的にですが、男性ホルモンの分泌が増え、抜け毛や薄毛の症状が現れることがあります。

生活習慣の改善では、ストレスやダイエット、過度のヘアケアなど女性の髪にとって大きな負担となることを除くようにします。
治療を受けても負担を除かない限り、発毛効果は得られにくいからです。
さらに、不規則な食生活や偏った栄養バランス、睡眠不足などが当てはまる場合には、より発症しやすくなります。

特に若い女性に多いのが、栄養失調状態になるまでダイエットを行う人です。
毛の組織も栄養失調に陥ります。
栄養が不足すると身体は生命維持に必要な器官から栄養を回していくため、成長期の毛を維持できずに休止期の毛が増え抜け毛が増えていきます。
まずは、1日3食バランスの良い食事を摂る事から始めます。
栄養のある食生活に正したら頭皮マッサージで血行をよくします。
血行をよくすることで、血の巡りを充分にさせ、栄養が髪まで行き渡るようになります。