お知らせ
困っている女性

現代は、脱毛に悩んでいるという女性が増えてきている傾向にあります。
脱毛症にはいくつかの種類があり、それぞれ原因や対処法が細かく異なってくるので、正しい知識を持っておきましょう。

全体的な主な原因として、血行不良やホルモンバランスの乱れを挙げることができます。
日々の生活で蓄積したストレスやそれによる睡眠不足、ダイエットや栄養不足などの食生活の乱れなどの生活習慣が影響していると考えられています。
これはどの脱毛症にも何らかの影響を及ぼしていることが多いです。

多く見られるものとしては、全体的に髪の毛が薄くなってしまうびまん性脱毛症や、円形に小さく脱毛してしまう円形脱毛症があります。
また、妊娠から出産にかけてホルモンのバランスが乱れることにより起こる分娩後脱毛症というものもあります。
これらは、頭皮の血行を良くしたり、ホルモンバランスを整えることで改善されることがあります。
多くの場合、医師に診てもらい治療していきます。

また、牽引性脱毛症というものがあり、これは髪の毛を長期間きつく結んだり引っ張ったりすることで起こります。
これは、ヘアスタイルを変えたりして、頭皮と髪の負担を減らすことで防ぐことができます。

その他にも、フケが毛穴を塞いでしまい起こるひこう性脱毛症、皮脂が毛穴を塞いでしまい、脂漏性皮膚炎になることで起こる脂漏性脱毛症があります。
これらも、気づいたらできるだけ早く専門医に診てもらいましょう。

抜け毛が多くなったような気がする、地肌が目立つようになった、髪が細くなったというような時は気をつけましょう。
早めに対処することで、症状を抑えることができます。
生活習慣を見直したり、専門医に相談することで早めの治療を心がけましょう。